メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

輸送に渋滞懸念 環状2号線、築地整備方針見えず

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手や観客の輸送に懸念が広がっている。東京都の小池百合子知事は豊洲市場への移転の基本方針で、選手村(東京都中央区晴海)と都心を結ぶ環状2号線(環2)を大会前に開通させると表明したが、築地市場の跡地を通る未着工区間(約450メートル)の整備方針が見えてこないためだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイルで環2は選手村から主会場の新国立競技場までを10分で結ぶ「大動脈」と位置づけられた。築地市場の跡地付近からIOC関係者の宿泊先に予定される虎ノ門まで地下車線で結ばれ、信号がないスムーズな輸送が見込まれていた。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです