都議選

小池都政を問う 届け出258人に 7月2日投票

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う東京都議会議員選挙(定数127)が23日、告示された。各党は豊洲市場(江東区)の移転延期や2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直しなど、都政の既定路線を次々と覆してきた小池百合子知事の手法の是非を問う。小池氏が代表の「都民ファーストの会」が、選挙協力する公明党などの支持勢力と合わせ都議会の過半数を獲得するかが焦点となる。結果は次の国政選挙に影響するため、各党は総力戦で臨む。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文857文字)

次に読みたい

あわせて読みたい