日米共同開発

海上配備型迎撃ミサイル、試験失敗か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛装備庁は22日、日米両政府がミサイル防衛(MD)の一環として共同開発している海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)で標的を迎撃する2回目の試験を行ったと発表した。成否には触れていないが、防衛省関係者によると、標的を撃ち落とせなかったという。日米はデータを詳しく解析し、今後も開発を進める方…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

ニュース特集