メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台市交通局

また市営バス運転手が乗務中にポケモンGO

男性運転手は自宅待機中

 仙台市交通局は22日、市営バスの男性運転手(60)がスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」を乗務中に操作していたと発表した。男性運転手は現在、自宅待機中で、仙台市交通局は処分を検討している。

     仙台市交通局によると、運転手は20日午前8時10分ごろ、同市太白区鈎取2の市道交差点で停車中にポケモンGOを操作。その後も停車した際にスマートフォンを操作した。乗客からの通報で発覚した。男性運転手は「メールを確認するついでにアプリを起動してしまった」と話しているという。

     昨年10月にも市営バスの男性運転手が同アプリを操作中に事故を起こしている。交通局は、携帯電話を鍵付きのバッグに入れて車内に持ち込むことを徹底するなど再発防止に取り組むとしている。【本橋敦子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
    5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]