メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アステロイド・デー

天体の地球衝突の脅威 一般市民も「科学者」として共有を=寄稿:日本惑星協会代表理事・井本昭

今年5月に東京で開かれた地球防衛会議に世界中から集まった専門家たち=東京都江東区の日本科学未来館で

 6月30日は、小惑星など天体の地球衝突について世界各地で考える「アステロイド・デー(Asteroid Day)」だ。2016年12月には国連も「アステロイド・デー」を承認し、今年は初めての「国際アステロイド・デー」となる。国内でも7月1日に相模原市でイベントが開かれる。今年5月には、アステロイド・デーにも深く関わる天体の地球衝突への備えを世界中の専門家が議論する国際会議が東京で初めて開かれた。日本惑星協会の井本昭代表理事が、その会議の様子や小惑星探査機はやぶさ2の意義、今後の取り組みについて原稿を寄せた。

この記事は有料記事です。

残り2141文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです