英語

LとR、マルマル聞き取れ 阪大・北大など 脳波活用識別法開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本人が英語を学ぶ際に大きな壁となる「LとRの違い」を聞き取る力を強化する学習法を、情報通信研究機構と大阪大、北海道大の合同研究班が開発した。音の違いに反応して無意識に発する脳波を活用する手法で、英会話教室や、企業の社員教育などへの応用が期待できそうだ。

 研究班は、「Light」と「Right」の音の違いが分からない人でも「Light」の次に「Right」、または「Right」の次に「Light」を聞くと、脳は無意識にその違いに反応することに着目。英語学習者がその違いをキャッチした際の脳波を測定し、画面…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集