メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手道

さいたま市岩槻大会 鍛えた技競う 265人出場 /埼玉

真剣な表情で空手の形を披露する子供たち

 第20回さいたま市岩槻空手道大会(同市主催、岩槻空手道連盟主管、毎日新聞社協賛)がこのほど岩槻文化公園体育館(同市岩槻区村国)で開かれた。形と組手の部門に幼児から50代までの計265人が出場し、鍛え上げた技を競い合った。

 開会式では、糸東会岩槻支部の岡安桃花さん(中学2年)、優希さん(同1年)、慶也さん(小学4年)のきょうだい3人が「日ごろの練習の成果を十分に発揮し、正々堂々、競技します」と選手宣誓した。また、大会20周年を記念し、第1回から協賛を続けてきた斎須工務店(さいたま市岩槻区)などに感謝状が贈られた。【木村健二】

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです