メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手道

さいたま市岩槻大会 鍛えた技競う 265人出場 /埼玉

真剣な表情で空手の形を披露する子供たち

 第20回さいたま市岩槻空手道大会(同市主催、岩槻空手道連盟主管、毎日新聞社協賛)がこのほど岩槻文化公園体育館(同市岩槻区村国)で開かれた。形と組手の部門に幼児から50代までの計265人が出場し、鍛え上げた技を競い合った。

 開会式では、糸東会岩槻支部の岡安桃花さん(中学2年)、優希さん(同1年)、慶也さん(小学4年)のきょうだい3人が「日ごろの練習の成果を十分に発揮し、正々堂々、競技します」と選手宣誓した。また、大会20周年を記念し、第1回から協賛を続けてきた斎須工務店(さいたま市岩槻区)などに感謝状が贈られた。【木村健二】

 <形>幼児男子・女子(1)前嶋刻▽小学1年男子(1)馬場亮太朗(2)橘康介(3)結城麗夢、桑名虎弥▽同女子(1)松本光央(2)木暮芽生(3)佐藤心姫、原田茉莉蘭▽小学2年男子(1)小林侑夢(2)平山成優多(3)下川颯太、田中大斗▽同女子(1)山崎雪恋(2)兼定春妃(3)金田美咲、下川希颯▽小学3年男子(1)中山眞碩(2)遠藤祐希(3)橋本大輝、野口稜央▽同女子(1)望月姫花(2)栗本真由香(3)…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです