メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CINEMA

「嵐」の大野智主演「忍びの国」 /愛知

 「村上海賊の娘」「のぼうの城」などで知られる小説家、和田竜の原作を「殿、利息でござる!」「予告犯」などを手掛けた中村義洋監督が映画化した。主演はアイドルグループ「嵐」の大野智だ。

 織田信長は諸国を次々と滅ぼし、勢力を拡大していた。だが、信長が攻め入らなかったのが伊賀の国だ。伊賀の忍者衆は人でなしの集団「虎狼(ころう)の族(やから)」と呼ばれ、無門(大野)はその一人。すご腕の持ち主だが、女房のお国(石原さとみ)の尻に敷かれる日々だった。下山平兵衛(鈴木亮平)は家族の命さえ粗…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです