メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志摩市

「再生エネ」で条例 環境配慮や住民説明 県内市町で初 /三重

 志摩市議会は23日の本会議で、太陽光発電など再生可能エネルギー発電設備の整備の際の環境への「配慮」や住民への説明の徹底などを定めた条例案を全会一致で可決した。市は磯部町の的矢湾奥の大規模太陽光発電所計画など既に市が受理した建設計画も新条例の対象にするとしており、事業者にできる限りの配慮を求めている。開発を巡って事業者と住民間でトラブルが起きている太陽光発電などの施設整備に関するルールを定めた条例は県内の市町では初めてで、7月1日から施行する。

 新条例は、電力会社と接続契約を交わすことを事業者の要件として明確化した。太陽光をエネルギー源とする…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです