在宅テレワーク

ママも 阿南市が推進拠点開設 介護担う世代も注目 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
あなんテレワークひろばで、幼い子どもたちを連れて基礎講座に参加する女性たち=徳島県阿南市富岡町で、蒲原明佳撮影
あなんテレワークひろばで、幼い子どもたちを連れて基礎講座に参加する女性たち=徳島県阿南市富岡町で、蒲原明佳撮影

 阿南市は子育てや介護と仕事を両立させたい女性向けに、情報通信技術(ICT)を使って時間や場所にとらわれない働き方「テレワーク」を広げる拠点を市内の牛岐城趾公園管理事務所に開設した。テレワーク経験のあるスタッフ3人が相談に乗り、専門の技術を身につける講座も開く。地域のママが経験を生かして地元の子育て情報サイトを作ることも目指す。【蒲原明佳】

 製造業の工場が立地し、18歳までの子ども医療費無料化など子育て支援に取り組む阿南市が、県内市町村で初めて設置。運営は、テレワークでホームページの編集などを行う「ICTママ」を養成して育児中の女性を支援するNPO法人チルドリン徳島に委託した。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文942文字)

あわせて読みたい

注目の特集