メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高松市

市内に240カ所、高齢者の“居場所”づくり進む 「世代間交流の場にも」 /香川

ゲームを楽しむ自治会のお年寄りたち=高松市牟礼町原で、山口桂子撮影

 全国的に少子高齢化が進む中、高松市でも65歳以上の高齢者が2007年4月の約8万7700人から17年4月には約11万4400人まで増えた。1人暮らしのお年寄りを狙った詐欺事件なども相次いでおり、地域でいかに守っていくかが課題だ。高松市は、高齢者の孤立を防ぐため、地域ごとに集い交流するための“居場所”づくりを進めている。【山口桂子】

 今月15日、高松市牟礼町原にある自治会の集会所。10人ほどのお年寄りが集まってゲームを楽しんでいた…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文780文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです