メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童数

7.6%増 20政令市、毎日新聞調査 /福岡

折りたたんだベビーカーを引き、勤務先から保育園へと急ぐ女性

働く女性急増で受け皿追いつかず 勤務先と保育所離れ、厳しい環境も

 認可保育所に入れない待機児童(4月1日時点)について、毎日新聞が全20政令市を対象に調査したところ、政令市の待機児童数は計1979人で、昨年(1840人)より7・6%増だった。働く女性の急増で、受け皿が追いつかない状況が続く。さらに、待機児童としてカウントされていなくても、勤務先と保育所が離れているなど厳しい環境に置かれる母親が多く、保育の質の向上が喫緊の課題となっている。【井上卓也、比嘉洋】

 「保育園で苦労している人は本当に多い」。福岡市の金融機関に勤める女性(32)には1歳半の長男がいる…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  5. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]