メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

メイ首相に転換圧力 「離脱」強硬姿勢を封印

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)の首脳会議でEU離脱方針を改めて説明した英国のメイ首相。だが、これまでの強硬な姿勢は影を潜めている。先の総選挙での与党過半数割れの責任を問う声が国内で浮上する中、離脱方針の転換を迫る声が相次いでいるためだ。EUからの離脱を決めた英国の国民投票から23日で1年。「四面楚歌(そか)」に陥ったメイ首相は厳しい局面に立たされている。

 メイ首相は21日、英議会に施政方針を示し、内容を代読したエリザベス女王は「この政権の優先課題はEU…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです