メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【都市対抗ライブ】日本製鉄広畑vsJFE西日本 3回戦懸けた熱戦は10時プレーボール
EU首脳会議

メイ首相に転換圧力 「離脱」強硬姿勢を封印

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)の首脳会議でEU離脱方針を改めて説明した英国のメイ首相。だが、これまでの強硬な姿勢は影を潜めている。先の総選挙での与党過半数割れの責任を問う声が国内で浮上する中、離脱方針の転換を迫る声が相次いでいるためだ。EUからの離脱を決めた英国の国民投票から23日で1年。「四面楚歌(そか)」に陥ったメイ首相は厳しい局面に立たされている。

 メイ首相は21日、英議会に施政方針を示し、内容を代読したエリザベス女王は「この政権の優先課題はEU…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文854文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです