メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク

モスク爆破 ISを非難 モスル市民「家族亡くした気分」

 【カイロ篠田航一】過激派組織「イスラム国」(IS)が拠点とするイラク北部モスルで、イスラム礼拝所「ヌーリ・モスク」が爆破されたことに対し、街のシンボルを失ったモスルの市民から悲しむ声が上がっている。イラク軍の発表では爆破したのはIS。ISはこれまでも支配地域各地で遺跡などを破壊しており、イスラム教育科学文化機関(ISESCO、本部・モロッコの首都ラバト)は22日、「文化遺産の価値を無視するおぞましい犯罪」と非難声明を出した。

 ヌーリ・モスクはIS最高指導者バグダディ容疑者が2014年に「建国」を宣言した場所で、その後はIS…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです