メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

豚肉の関税維持を要請 自民が申し入れ案

 自民党は23日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉に関する対策本部(本部長・西川公也元農相)を開き、交渉に関する政府への申し入れ案をまとめた。焦点となっている農産品の関税交渉では、豚肉、牛肉、乳製品、木材などの重要品目の関税を維持し、EU産農産品の輸入急増を防ぐよう要請した。

 自民党は週明け26日に交渉を担当している岸田文雄外相に申し入れる。政府は7月上旬に予定する日欧首脳会談での大枠合意を目指し、都内で事務レベルで詰めの協議を続けている。

 自民党は申し入れを通じて、交渉に党の意向をできるだけ反映させたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです