メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

豚肉の関税維持を要請 自民が申し入れ案

 自民党は23日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉に関する対策本部(本部長・西川公也元農相)を開き、交渉に関する政府への申し入れ案をまとめた。焦点となっている農産品の関税交渉では、豚肉、牛肉、乳製品、木材などの重要品目の関税を維持し、EU産農産品の輸入急増を防ぐよう要請した。

 自民党は週明け26日に交渉を担当している岸田文雄外相に申し入れる。政府は7月上旬に予定する日欧首脳会談での大枠合意を目指し、都内で事務レベルで詰めの協議を続けている。

 自民党は申し入れを通じて、交渉に党の意向をできるだけ反映させたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文630文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです