連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

述べられていないのは何か=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は5月23日、2016年度食料・農業・農村白書を閣議決定した。白書では、冒頭の二つの特集で「日本の農業をもっと強く」と題し、昨年11月に政府・与党が策定した「農業競争力強化プログラム」の解説と、「変動する我が国農業」として「15年農林業センサス」による経営構造分析が取り上げられている。一読して受けた印象は、前年度の白書とのトーンの違いだ。

 前年度は、特集で「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の合意及び関連政策」について説明され、本章で「食料自給力の動向」が重点テーマとなっていた。昨年が「守り」とすれば、今年は「攻めの白書」と言えよう。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文717文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集