メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 高齢女性作家のエッセー人気 時代に風穴開けた潔さ

 出版流通大手トーハン、日販が先ごろ発表した今年上半期のベストセラー総合1位は、共に佐藤愛子さん(93)のエッセー集『九十歳。何がめでたい』(小学館)だった。昨年8月に刊行され、発行部数は90万部。村上春樹さんの『騎士団長殺し』、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』など話題作を抑えて堂々のトップだ。ご本人は、「私自身の書くものは変わっていない。時代が変わったのね」とおっしゃる。

 佐藤さんは父が作家の佐藤紅緑、兄が詩人のサトウ・ハチロー。後に離婚したが、夫の借金を背負った。そん…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです