メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 黄金餅(東京・上野~麻布)/下

一本松で一息入れる一之輔さん。左手には現代のランドマーク、元麻布ヒルズフォレストタワーがそびえる=東京都港区元麻布で

やっぱり、くたびれた

 落語「黄金餅」に描かれる、下谷(したや)山崎町(今の東京都台東区北上野1、東上野4あたり)から、麻布絶口釜無(ぜっこうかまなし)村の木蓮寺(同港区南麻布あたり)まで約13キロの葬礼道中。前回に続き、土橋(中央区銀座8)からの後半を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 金をあんころ餅に包んで飲み込み、死んでしまった僧の西念。隣の金兵衛は、荼毘(だび)に付した腹から金を取り出そうと一計を案じ、木蓮寺まで死体を運ぶことに。五代目古今亭志ん生が得意にした。陰惨な感じもするが「噺(はなし)としてはすてきですけどね。欲ですよ」。木蓮寺は実在しないが、モデルとされる曹渓寺(港区南麻布2)を目指す。

 <……土橋から久保町へでまして、新し橋の通りをまっすぐに、愛宕下へ出て天徳寺を抜けて、飯倉六丁目か…

この記事は有料記事です。

残り1878文字(全文2235文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです