メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 黄金餅(東京・上野~麻布)/下

一本松で一息入れる一之輔さん。左手には現代のランドマーク、元麻布ヒルズフォレストタワーがそびえる=東京都港区元麻布で

やっぱり、くたびれた

 落語「黄金餅」に描かれる、下谷(したや)山崎町(今の東京都台東区北上野1、東上野4あたり)から、麻布絶口釜無(ぜっこうかまなし)村の木蓮寺(同港区南麻布あたり)まで約13キロの葬礼道中。前回に続き、土橋(中央区銀座8)からの後半を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 金をあんころ餅に包んで飲み込み、死んでしまった僧の西念。隣の金兵衛は、荼毘(だび)に付した腹から金を取り出そうと一計を案じ、木蓮寺まで死体を運ぶことに。五代目古今亭志ん生が得意にした。陰惨な感じもするが「噺(はなし)としてはすてきですけどね。欲ですよ」。木蓮寺は実在しないが、モデルとされる曹渓寺(港区南麻布2)を目指す。

 <……土橋から久保町へでまして、新し橋の通りをまっすぐに、愛宕下へ出て天徳寺を抜けて、飯倉六丁目か…

この記事は有料記事です。

残り1878文字(全文2235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです