メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

暗殺示唆相次ぐ 過激化する言論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領に扮(ふん)した主人公が暗殺されるシェークスピア劇「ジュリアス・シーザー」が米ニューヨークで上演され物議を醸している。また、著名映画俳優ジョニー・デップ氏もイベントで大統領の暗殺を示唆したと受け取れる発言をした。過激化する反トランプ言論に、スパイサー米大統領報道官は23日の記者会見で「いかなる形態の暴力も非難されるべきだ」と述べた。

     今月中旬から上演中の劇では、トランプ氏を連想させるスーツに赤いネクタイ姿の主人公シーザーがナイフで刺殺される。開演直後から中止を求める抗議行動が会場周辺で起き、スポンサー企業が撤退。一方で言論や表現の自由の保障の観点から支援する声もあり、世論は二分している。

     また、デップ氏は22日に英南部の音楽祭で「最後に俳優が大統領を暗殺したのはいつだったか」などと発言。後で米メディアに「悪いジョーク」と謝罪した。米国ではリンカーン大統領が1865年、観劇中に俳優に狙撃され死亡している。

     一方、米メディアは、昨年トランプ氏と大統領選を戦ったクリントン元国務長官について「射殺されるべきだ」と語ったトランプ氏の元側近が、23日のホワイトハウス式典に参加したとも報じた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
    3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
    4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
    5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです