メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

暗殺示唆相次ぐ 過激化する言論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領に扮(ふん)した主人公が暗殺されるシェークスピア劇「ジュリアス・シーザー」が米ニューヨークで上演され物議を醸している。また、著名映画俳優ジョニー・デップ氏もイベントで大統領の暗殺を示唆したと受け取れる発言をした。過激化する反トランプ言論に、スパイサー米大統領報道官は23日の記者会見で「いかなる形態の暴力も非難されるべきだ」と述べた。

 今月中旬から上演中の劇では、トランプ氏を連想させるスーツに赤いネクタイ姿の主人公シーザーがナイフで刺殺される。開演直後から中止を求める抗議行動が会場周辺で起き、スポンサー企業が撤退。一方で言論や表現の自由の保障の観点から支援する声もあり、世論は二分している。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです