メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

暗殺示唆相次ぐ 過激化する言論

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領に扮(ふん)した主人公が暗殺されるシェークスピア劇「ジュリアス・シーザー」が米ニューヨークで上演され物議を醸している。また、著名映画俳優ジョニー・デップ氏もイベントで大統領の暗殺を示唆したと受け取れる発言をした。過激化する反トランプ言論に、スパイサー米大統領報道官は23日の記者会見で「いかなる形態の暴力も非難されるべきだ」と述べた。

 今月中旬から上演中の劇では、トランプ氏を連想させるスーツに赤いネクタイ姿の主人公シーザーがナイフで…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです