メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天然記念物

「北限のサル」が出産シーズン

 「北限のサル」として知られ、国の天然記念物に指定されている青森県・下北半島のニホンザルが出産シーズンを迎えている。同県むつ市の山にすむ約60頭の群れでは母ザルに抱きつき、お乳をねだる赤ちゃんザルの愛らしい声が響いていた。

 主に5、6月が出産期で、今年はこの群れに8頭が誕生。別の群れからはぐれた赤ち…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  2. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「経済的にしんどかった」 40万円着服容疑で津市職員を告訴 三重

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです