メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

調理ミス多すぎ…4月委託の業者解約 春日部市

調理ミスで表面に黒い焦げが浮かび上がった「いかとエビのチリソース煮」。児童には提供されず、別の食品に差し替えられた=春日部市教育委員会提供

 埼玉県春日部市は、給食で調理ミスが相次ぎ、学校運営に重大な支障を生じさせたとして、4月から一部の市立小学校の給食調理を委託していた、さいたま市の業者との契約を5月末で解除した。この業者に学校給食の調理を任せるのは今年度が初めてだったが、6月からは市の受託実績のある別の2業者と契約し直した。【木村健二】

 市教育委員会学務課によると、市が委託したのは学校に調理室がある「自校方式」で給食を提供する市立小5校の計約3000食分の調理。市が配置する栄養士が作る献立に基づき、業者が採用した各校5~12人の調理員が給食を作っていた。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです