琵琶湖周航の歌

誕生100年で三高OBら当時の航路一周

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「われは湖(うみ)の子 さすらいの」の歌い出しで知られる「琵琶湖周航の歌」が誕生して100年になるのを記念し、歌を生んだ旧制第三高等学校水上部(現京都大ボート部)のOB・OGらが24日朝、大津市蛍谷の京都大艇庫から当時の航路をたどる「なぞり周航」へ出発した。7人乗り3艇で、琵琶湖一周約150キロを3泊4日かけ約120人が漕(こ)ぎ継ぐ。

 出発前にボート部同窓会「濃青(のうせい)会」の吉田保会長らが周航隊を激励。その後、旧三高の拠点だった三保崎艇庫(大津市観音寺)に立ち寄って出発式を開き、「われは湖の子」の碑の前でクルーらが合唱した。クルーの一人で医師の室谷好紀さん(27)は「頑張ります。歌と周航の伝統をこれからの世代も続けていってほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集