身代金ウイルス

逮捕の中3 おもちゃレベルでも作成罪?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クリックすると、「お使いのPCをロックしました」のメッセージが表示され、「最重要機密」フォルダーに入れたファイルが開けなくなった=2017年6月22日、岡礼子撮影(画像の一部を加工しています)
クリックすると、「お使いのPCをロックしました」のメッセージが表示され、「最重要機密」フォルダーに入れたファイルが開けなくなった=2017年6月22日、岡礼子撮影(画像の一部を加工しています)

 侵入したパソコン内のデータを暗号化して、金銭を要求する身代金型ウイルス「ランサムウェア」を作ったとして、大阪府在住の男子中学生(14)が、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成容疑で神奈川県警などに逮捕され、15日には大阪家裁に送致された。ランサムウェア「ワナ・クライ」による大規模なサイバー攻撃は今年5月、日本を含む世界各地で報告されて記憶に新しいが、今回は容疑者が中学生だったことから衝撃が広がった。ただ、専門家からは「“おもちゃ”のレベルだ」との声も上がる。どんなウイルスだったのか、背景を取材した。【岡礼子】

この記事は有料記事です。

残り2203文字(全文2460文字)

あわせて読みたい

ニュース特集