メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全柔連会長に山下氏 東京五輪金メダル「リオの倍」

山下泰裕氏

 全日本柔道連盟は23日、臨時理事会を開き、1984年ロサンゼルス五輪無差別級金メダリストの山下泰裕副会長(60)の新会長選出を決めた。任期は2年。宗岡正二会長(71)=新日鉄住金会長=は「選任時に年齢が70歳未満」とした定款の細則により退任した。

     山下新会長は記者会見で、2020年東京五輪に向け「金メダルを(新種目に決まった)団体戦も含めて今回(3個だったリオデジャネイロ五輪)の倍を目指していきたい。できるだけ監督、現場のコーチが指導力を発揮し、選手たちがのびのびとやれるように環境を整えていきたい」と意気込みを語った。

     宗岡氏は2期4年の任期でコンプライアンス(法令順守)委員会を新設するなど、ガバナンス(組織統治)を強化して、暴力指導や助成金の不正受給など不祥事が続いた柔道界を立て直した。宗岡氏は「問題が指摘されたが、改革のめどがついた。定年制をいれ、新陳代謝させている団体は少なく、先進的なたたずまいになった」と振り返った。【松本晃】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]