メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 高島で記念式典 湖の子、歌で一つに 長野、新潟、滋賀 ゆかりの地から600人 /滋賀

壇上と会場の参加者が一緒に「琵琶湖周航の歌」を合唱した記念式典=滋賀県高島市民会館で、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」誕生100周年記念式典(県、高島市など主催)が24日、歌が生まれた高島市今津町の同市民会館で開かれ、県内外から約600人が参加した。作詞した小口太郎の出身地、長野県岡谷市と、原曲「ひつじぐさ」を作曲した吉田千秋の出身地、新潟市秋葉区などから計約60人も駆け付けた。式典後、今津港から記念クルーズがあり、夜はホテルで交流会が開かれ、長野、新潟、滋賀の3地域が歌を通して一つになった。

 長野県岡谷市からは「小口太郎顕彰碑等保存会」の小口久一会長(70)ら約30人が出席。新潟市からは、…

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです