メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知っちゅう?

県鳥「ヤイロチョウ」 発見から80年、絶滅危惧種 /高知

さえずるヤイロチョウ=生態系トラスト協会提供

原生林に生息/「自然公園」構想も

 「高知県の鳥」すなわち県鳥をご存じだろうか。ヤイロチョウというスズメより一回りほど大きな小鳥だ。恥ずかしながら記者も、高知に来るまで存在すら知らなかった。高知県で、日本で初めてヤイロチョウの巣が確認されて今年で80年。ヤイロチョウについて調べてみた。【柴山雄太】

 ■東南アジアからの渡り鳥

 スズメ目ヤイロチョウ科に属する。体長は約20センチ。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧1B類に…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1437文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです