カタール断交

修復要求拒否 4カ国「13条件」 長期化も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】カタール政府は23日、サウジアラビアなどアラブ4カ国が示した関係改善に向けた13項目の要求を「実施不能」と非難し受け入れを拒否した。サウジが主導する対カタール断交は長期化が懸念され、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討などにも影響を及ぼしかねない。

 「我が国の主権制限が狙いだ」。22日に伝達された要求に対し、カタール政府報道官は激しく反発。アラブ4カ国は▽イランとの外交関係縮小▽カタールの衛星放送局アルジャジーラの閉鎖▽イスラム組織「ムスリム同胞団」や国際テロ組織アルカイダとの関係断絶--などを求める。両陣営の間で仲介を図るトルコの在カタール基地閉鎖も要求事項だ。トルコは顔をつぶされた形で、事態打開の困難さが浮き彫りになった。

 サウジ、エジプト、バーレーンと5日、「テロ組織支援」を理由にカタールとの外交関係断絶を発表し、今回の要求も共同提示したアラブ首長国連邦(UAE)の高官は「(カタールの)孤立は数年続く可能性がある」と述べている。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文943文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集