メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

大阪都構想なぜまた?=回答・念佛明奈

 なるほドリ 「大阪都構想(おおさかとこうそう)」を議論する法定協議会(ほうていきょうぎかい)(法定協)がまた開かれるの?

 記者 はい。都構想は2015年5月、大阪市民による住民投票で否決(ひけつ)されましたが、同年秋の大阪府知事・市長ダブル選挙で再挑戦を掲げた地域政党・大阪維新(いしん)の会の松井一郎知事と吉村洋文(ひろふみ)市長が当選。法定協で都構想の設計図を作り直すことになりました。法定協は都構想の制度設計をする場で、知事と市長、府議・市議が府と特別区の事務分担や区割り、区の名称などを話し合います。27日に初会合があり、維新は来年秋に住民投票を再び実施することを目指しています。他の主要会派はいずれも都構想に反対で、住民投票にこぎ着けられるか…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです