メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正介護保険法

成立 高収入層、負担3割

 18日に閉会した通常国会では、高所得の高齢者が介護保険サービスを利用する際の自己負担引き上げを柱とした改正介護保険関連法が成立した。現役世代が支払う介護保険料も見直し、高収入ほど高負担となる仕組みを導入。高齢者とともに支払い能力に応じた負担を求める内容となっている。一方、増え続ける児童虐待への対応を強化するため、家庭裁判所(家裁)の関与を強める改正児童福祉法も成立。2018年度から施行予定だ。それぞれの法施行後、制度はどう変わるのかをみた。【藤沢美由紀】

 介護保険サービス利用の自己負担は、2000年の制度創設以来、原則1割だ。しかし15年の前回改正で、…

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1770文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです