メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦七番勝負 挑戦者・稲葉陽八段-佐藤天彦名人 第6局の3

みんな立派に 観戦記・上地隆蔵

 関西の若手棋士の充実ぶりが素晴らしい。稲葉が名人戦に初挑戦し、豊島将之八段がA級昇級、竜王の実績がある糸谷哲郎八段もいる。一つ下の世代で斎藤慎太郎七段が現在棋聖挑戦中、菅井竜也七段と澤田真吾六段が王位挑戦権を争った。佐藤も、級位時代は関西奨励会に在籍していた。そんな彼らの修業時代を知る、畠山鎮七段が昔を懐かしんだ。

 「15年ほど前、私が関西奨励会幹事のとき彼らをよく叱ったものです。佐藤顔上げろ! 糸谷じっと座れ!…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです