メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本種目別選手権 内村、白井決勝へ

 体操の世界選手権(10月・モントリオール)の代表選考会を兼ねた全日本種目別選手権が24日、群馬・高崎アリーナで開幕した。初日は男女の予選が行われ、各種目の上位8人が決勝に進んだ。

 男子は神本雄也(コナミスポーツ)がつり輪と平行棒の2種目でトップ通過。鉄棒は、田中佑典(同)と斉藤優佑(徳洲会)が2位で突破した。内村航平(リンガーハット)があん馬と鉄棒、白井健三(日体大)が床運動、跳馬と代表入りを決めている2人も予選を突破した。

 女子はリオ五輪代表の宮川紗江(セインツク)が跳馬と床運動で決勝進出。代表入りが決まっている村上茉愛…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです