将棋

藤井四段、あす対局 注目10代対決、単独1位29連勝かけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の歴代最多連勝タイ記録となる28連勝を達成した藤井聡太四段(14)が26日、新記録となる29連勝をかけて、東京・将棋会館で行われる竜王戦本戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)と対戦する。将棋界で10代の棋士は2人しかおらず、藤井四段にとっては公式戦で初の10代プロ対決となる。(19面に「藤井四段」特集)

 増田四段は東京都昭島市出身。14歳で三段に昇段し、史上5人目の中学生棋士になる可能性があり話題になった。16歳で四段に昇段。昨年10月に藤井四段がプロ入りするまで現役最年少棋士だった。昨年10月の新人王戦で優勝した実力者だ。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集