メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

支持率急落に慌て?記者会見 謝罪風の言葉並べ自己弁護

=松尾貴史さん作

 あまりにも姑息(こそく)な中間報告というだまし討ちで共謀罪法案を強行採決して、審議もへったくれもないと言わんばかりであっという間に国会を閉会した直後の6月18日、内閣支持率が急落したことが意外だったのだろうか。まるで慌ててセッティングしたかのように記者会見を開いた安倍晋三総理だが、「率直」「建設的」「責任」「信頼」「冷静」「丁寧」と素敵な言葉が並んでいた。

 しかし、記者会見というよりは自己弁護演説のように感じた。一見すれば謝罪のような言葉を発していたけれ…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです