メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
松尾貴史のちょっと違和感

支持率急落に慌て?記者会見 謝罪風の言葉並べ自己弁護

=松尾貴史さん作

 あまりにも姑息(こそく)な中間報告というだまし討ちで共謀罪法案を強行採決して、審議もへったくれもないと言わんばかりであっという間に国会を閉会した直後の6月18日、内閣支持率が急落したことが意外だったのだろうか。まるで慌ててセッティングしたかのように記者会見を開いた安倍晋三総理だが、「率直」「建設的」「責任」「信頼」「冷静」「丁寧」と素敵な言葉が並んでいた。

 しかし、記者会見というよりは自己弁護演説のように感じた。一見すれば謝罪のような言葉を発していたけれども、その前提としては野党による「印象操作のような議論」に対して、自分が「つい強い口調で反論したことが政策論争以外の話を盛り上げた」のだという。ここでの支持率急落対策としか思えない言い訳と、「野党が悪い」という「印象操作」は、逆に反感を買ったのではないか。もちろん、自らの専横的、横暴な振る舞いのせい…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです