Nh発見記念

「ニホニウム通り」命名祝う 埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
式典会場に仮設置された新元素「ニホニウム」のプレートの感触を確かめる子供たち=2017年6月24日、橋本政明撮影
式典会場に仮設置された新元素「ニホニウム」のプレートの感触を確かめる子供たち=2017年6月24日、橋本政明撮影

 国立研究開発法人・理化学研究所の科学者チームが発見した原子番号113番「Nh」を記念して名付けた埼玉県和光市の「ニホニウム通り」で24日、記念式典があり、関係者や親子連れが参加し、記念碑やモニュメントの除幕式、植樹などを行い命名を祝った。

 市は東武東上線和光市駅前から同研究所西門までの歩道約1.1キロに…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

注目の特集