改憲

臨時国会中に自民案を衆参憲法審査会に 講演で首相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
憲法改正に向けた自民党内の有力スケジュール
憲法改正に向けた自民党内の有力スケジュール

 安倍晋三首相(自民党総裁)は24日、神戸市で講演し、憲法改正について「臨時国会が終わる前に、衆参両院の憲法審査会に自民党案を提出したい」と述べ、秋から年内までを想定する臨時国会の会期中に、党改憲案を提出する方針を示した。首相が同党案の提出時期を明言したのは初めて。さらに「それぞれの政党が自分たちの案を憲法審に示し、建設的な議論を行うべきだ」と訴えた。

 首相は「憲法施行70年の節目である今年中に、我が党が先頭に立って歴史的な一歩を踏み出す決意だ」と表明。2020年の改正憲法施行を目指す考えも重ねて示した。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集