メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマ

渓流釣りの夫婦襲われ大けが クマよけ鈴効果なしか

 24日午前10時ごろ、秋田県藤里町の素波里湖付近の山林で、沢沿いを前後に並んで歩いていた会社役員の石塚修さん(56)と妻昌子さん(61)=いずれも秋田市=が、左前方の茂みから突然現れたクマ1頭に襲われた。修さんはのどや腕、昌子さんは顔や腕を引っかかれ、大けがをした。2人は自力で下山し、病院に運ばれた。

 2人はクマよけの鈴を身に着けていたといい、襲われたクマには効果がなかった可能性がある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです