メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマ

渓流釣りの夫婦襲われ大けが クマよけ鈴効果なしか

 24日午前10時ごろ、秋田県藤里町の素波里湖付近の山林で、沢沿いを前後に並んで歩いていた会社役員の石塚修さん(56)と妻昌子さん(61)=いずれも秋田市=が、左前方の茂みから突然現れたクマ1頭に襲われた。修さんはのどや腕、昌子さんは顔や腕を引っかかれ、大けがをした。2人は自力で下山し、病院に運ばれた。

 2人はクマよけの鈴を身に着けていたといい、襲われたクマには効果がなかった可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです