メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産婦

神戸の医師を会員資格停止 着床前検査違反で

 日本産科婦人科学会(日産婦)は24日の理事会で、体外受精による受精卵の全染色体を検査し、異常のないものだけを母胎に戻す「着床前スクリーニング」(PGS)を日産婦の指針に違反して続けている神戸市の大谷徹郎医師に対し、会員資格と産婦人科専門医の資格を同日から3年間の停止処分とすることを決めた。今後会員として学会発表などが不可能になるほか、専門医を名乗ることができなくなる。

 PGSは流産しにくくなる効果が期待される一方、「命の選別」や男女産み分けにつながるとの批判が強く、日産婦が会告(指針)で原則禁止している。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです