メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産婦

神戸の医師を会員資格停止 着床前検査違反で

 日本産科婦人科学会(日産婦)は24日の理事会で、体外受精による受精卵の全染色体を検査し、異常のないものだけを母胎に戻す「着床前スクリーニング」(PGS)を日産婦の指針に違反して続けている神戸市の大谷徹郎医師に対し、会員資格と産婦人科専門医の資格を同日から3年間の停止処分とすることを決めた。今後会員として学会発表などが不可能になるほか、専門医を名乗ることができなくなる。

 PGSは流産しにくくなる効果が期待される一方、「命の選別」や男女産み分けにつながるとの批判が強く、日産婦が会告(指針)で原則禁止している。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです