メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

C型肝炎治療薬

偽造品検査 厚労省が簡易分析法開発へ

右側の2種類が奈良県内の薬局で見つかったC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品。左は正規品。偽造品も正規のボトルに入れられていた

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題を受け、厚生労働省は、薬局や卸売業者が偽造医薬品かどうか見分けることができる簡易分析法の開発に乗り出すことを決めた。偽造品の流通を防ぐには、薬局など患者に近い現場でも検査できる仕組みが必要と判断した。今年度中に開発に協力する研究者を決定し、来年度に着手する。

 今回の問題では、医薬品を即金で買い取る「現金問屋」と呼ばれる卸売業者が販売許可のない個人から身元確認せずに偽造品を買い取り、奈良県の薬局などに流通。今年1月に薬局で購入した患者が錠剤の色がいつもと違うことに気付き、薬局に報告して発覚した。ボトルは正規品だったが、箱や添付文書のない状態で流通していたという。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです