メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波と漁船転覆 気仙沼の民宿2度目の再起

25日の営業再開に向け、民宿の看板を掃除する菅野一代さん=宮城県気仙沼市唐桑町で、三浦研吾撮影

 3月の海難事故で夫や長女ら家族3人を失い、休業していた宮城県気仙沼市唐桑町の民宿「唐桑御殿つなかん」が25日、長女の遺志を継ぎ、3カ月ぶりに営業を再開する。2011年の東日本大震災の津波で全壊した自宅を再建し、営業を始めた民宿は、多くの観光客やボランティアを受け入れてきた。「過去を振り返らず、頑張りすぎないように頑張る」。おかみの菅野一代さん(53)は“2度目の再起”を誓う。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  2. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  3. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  4. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  5. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです