メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

世界選手権の代表変更を決定 柔道連盟

 全日本柔道連盟は24日、今夏の世界選手権(ブダペスト)で実施される団体が男女混合で階級を変更して実施されることを受け、強化委員会を開いて団体の代表変更を決定した。

     女子70キロ級の新添左季(山梨学院大)が新たに加わり、同63キロ級の能智亜衣美(筑波大)ら4人が外れた。団体戦は男子73キロ、90キロ、90キロ超級、女子57キロ、70キロ、70キロ超級の計6階級で行われる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
    2. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/2 やめなきゃいけなくなったら… 右足首のけが
    3. 殺人容疑 2歳長男の首絞め殺害 18歳母を逮捕 青森
    4. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬
    5. 埼玉県教委 バイク「3ない運動」37年ぶり見直しへ 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]