メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

世界選手権の代表変更を決定 柔道連盟

 全日本柔道連盟は24日、今夏の世界選手権(ブダペスト)で実施される団体が男女混合で階級を変更して実施されることを受け、強化委員会を開いて団体の代表変更を決定した。

     女子70キロ級の新添左季(山梨学院大)が新たに加わり、同63キロ級の能智亜衣美(筑波大)ら4人が外れた。団体戦は男子73キロ、90キロ、90キロ超級、女子57キロ、70キロ、70キロ超級の計6階級で行われる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]