メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「銀行」を意味する英語(bank)はイタリア語の「banco」(机)に由来する。ルネサンスの時代、銀行員は緑色の布で覆われた机の上で取引をした。だから「バンク」である。

 日本は1871(明治4)年「新貨条例」で紙幣単位「円」を導入したが金準備が不足。経済基盤も弱く、正貨である金貨が流出した。やむを得ず、しばらくは「金銀複本位制」。そんな経緯もあって「バンク」の日本語は「金行」あるいは「銀行」が候補になった(「行」は中国語で「店」を意味する)。

 最後の決め手は……「ぎんこう」の方が語呂が良い! 確かに「銀行」の方が“渋み”がある。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです