連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

薬師丸ひろ子さんに聞く 時の河を渡る歌の力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「若い頃と同じ原曲のキーで歌うことがモチベーションになっています。詞の世界については、年を重ねて理解が深まったように思えます」=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影
「若い頃と同じ原曲のキーで歌うことがモチベーションになっています。詞の世界については、年を重ねて理解が深まったように思えます」=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影

 どこまでも透き通った声に引き込まれてしまう。女優の薬師丸ひろ子さんは歌手としても35年のキャリアを持つ。音楽への深い思いや自身の「幸福論」などを話してくれた。ふんわりとした優しい語り口だった。【沢田石洋史】

記憶や体験、呼び戻してくれる

東京五輪が開催された1964年、東京・青山で生まれた。どんな音楽体験を重ねてきたのだろうか。

 「小学校の時はピアノを習い、両親が好きなクラシックのコンサートに連れていってもらっていました。それぞれの楽器が合わさった時の音色の--音の洪水のダイナミックな感じとか、ピアノの繊細さとかに魅せられていました。あと、5歳年上の姉の影響で、荒井由実さんのころからのユーミンを聴いていました。中学生の時にはどういう人か分からないままボブ・マーリーのレゲエのコンサートに連れていってもらったり」

この記事は有料記事です。

残り2464文字(全文2822文字)

あわせて読みたい

注目の特集