茅の輪くぐり

復活へ 南相馬・多珂神社で7年ぶり 避難の住民戻り始め /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
茅カヤを結い付けて茅の輪をつくる住民ら=南相馬市原町区高で
茅カヤを結い付けて茅の輪をつくる住民ら=南相馬市原町区高で

 南相馬市原町区南部の高地区にある多珂(たか)神社で、30日の大はらい祭に合わせ、茅(ち)の輪をくぐって地域の安全や豊作を祈願する神事が7年ぶりに行われる。十数人の住民代表が25日、神社に集まって茅の輪づくりをし、久々の伝統行事復活に顔をほころばせた。

 「ここをしっかり結わくんだ。俺は今年限りだから、やり方をよく覚えておけよ」。直径2メートルのビニールの輪に、茅(ち)カヤをひもでしばりつけながら、長老格の堀内清隆さん(74)が若手に声を掛ける。「いやいや、まだ隠居してもらった…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集