メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 高島で音楽祭 加藤登紀子さんと大合唱 周航隊と合流、今津着 /滋賀

歌碑の前で声を合わせて歌う加藤登紀子さん(最前列左から4人目)と嘉田由紀子前滋賀県知事(左端)ら=滋賀県高島市の今津港で、衛藤達生撮影

 琵琶湖周航の歌が生まれた高島市今津町で、100周年記念「周航の歌音楽祭合唱コンクール」(実行委主催)が25日開かれ、会場の市民会館に「なぞり周航」2日目の京都大ボート部OBらと、周航の歌を大ヒットさせた歌手の加藤登紀子さんが一緒に現れて、来場者を沸かせた。100周年記念事業実行委員長の嘉田由紀子・前知事も加わり、総勢約120人が舞台で肩を組み、周航の歌全6番を歌って音楽祭参加者を魅了した。【塚原和俊、衛藤達生】

 音楽祭は周航の歌誕生80周年を記念して1997年に旧今津町で始まり、21回目。合唱団や市民グループ…

この記事は有料記事です。

残り1334文字(全文1592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです