メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

地域の芸術祭はいま アートディレクター・北川フラム氏

北川フラム氏

発表の場広げ、地元活性化

 全国各地の自治体が主催に関わり、現代美術を展示、紹介する地域の芸術祭=1=が花盛りだ。その狙いと現状は。芸術祭企画の第一人者で、地域づくりと芸術をつなぐ取り組みを1990年代から続けるアートディレクターの北川フラム氏(70)に聞いた。【聞き手・永田晶子、写真・渡部直樹】

--先駆的な地域芸術祭の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」=2=と、瀬戸内海の島々を舞台に2010年に始まった「瀬戸内国際芸術祭」を手掛けてきました。共に客足は順調に伸び、後者は昨年の3回目には延べ104万人が訪れ、推計約139億円の経済波及効果がありました。地元に変化は感じますか。

 外部から注目されることで、美しい里山や海といった地域資源を再認識し、自分たちの歴史や生活に誇りを持…

この記事は有料記事です。

残り2832文字(全文3178文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです