メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

地域の芸術祭はいま アートディレクター・北川フラム氏

北川フラム氏

 全国各地の自治体が主催に関わり、現代美術を展示、紹介する地域の芸術祭=1=が花盛りだ。その狙いと現状は。芸術祭企画の第一人者で、地域づくりと芸術をつなぐ取り組みを1990年代から続けるアートディレクターの北川フラム氏(70)に聞いた。【聞き手・永田晶子、写真・渡部直樹】

--先駆的な地域芸術祭の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」=2=と、瀬戸内海の島々を舞台に2010年に始まった「瀬戸内国際芸術祭」を手掛けてきました。共に客足は順調に伸び、後者は昨年の3回目には延べ104万人が訪れ、推計約139億円の経済波及効果がありました。地元に変化は感じますか。

 外部から注目されることで、美しい里山や海といった地域資源を再認識し、自分たちの歴史や生活に誇りを持つ人が増えているようです。両芸術祭の特徴の一つはリピーター(再訪来場者)率の高さ。前回の大地の芸術祭(15年)と瀬戸内国際芸術祭(16年)では共に約4割です。訪れた人が地域のファンになって次回はサポーター(ボランティア)を務めたり、地元の祭りやイベントに参加したりして新たな交流が生まれています。

この記事は有料記事です。

残り2696文字(全文3178文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです