メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン

「北朝鮮の核脅威」 外務省高官、国際社会と協調示す

ハシュミ軍縮局長

 パキスタン外務省のハシュミ軍縮局長は、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮がパキスタンから核技術を入手したことについて、政府の関与を否定したうえで「カーン博士が闇市場で個人的に売った。市場は既に解体され、同様のことは二度と起こらない」と主張。「北朝鮮の行為は朝鮮半島の平和と安定につながらない。脅威だと認識している」と述べ、北朝鮮に自制を促…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです