メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 20年ほど前、私が小学生の頃は担任教師が児童の家を訪れる「家庭訪問」が一大イベントだった。自宅で母親と自身の学校生活や成績について報告を受けるのはこっぱずかしく、日が近づくにつれ緊張感が増したものだ。

 近ごろは担任の負担軽減や共働き世帯の増加といった時代の変化に対応し、家庭訪問をしない学校もあるのだという。現在暮らす新潟市は2000年ごろから家庭訪問をやめる学校が出始め、今では市内のほとんどの学校でしていない。学期…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 9歳女児が心肺停止 高槻
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 大阪府内を中心に17万件停電
  5. 大阪震度6弱 首相官邸に対策室設置 菅官房長官

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]