メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 梅雨時の6月、テーマ「ジメジメした○○」には、汗や湿気といった目に見えるジメジメだけでなく、心の中のじめっとした思いも寄せられました。ジメジメ気分を吹き飛ばしてくれるさわやかな体験もいただきました。ご投稿ありがとうございました。

毎日遅刻の同僚、私はじめっと…

 毎日遅刻してくる同僚。人柄がいいので誰もとがめません。私も受け流しています。ただ、同僚の仕事で朝一番で対応しなければならないことがあり、いつも私や他の人が対応します。もし私が、毎日遅刻していたら「あと10分早く出られないのか」と上司に怒られるだろうな、と思いながら今日も同僚の代わりに対応しました。いつも心にじめっとしたものが湧き出ます。

 私もいっそ毎日遅刻してやろうかと一瞬、頭をよぎりましたが、3日も続けば私だけ雷が落ちることは目に見えるので、この気持ちを抱えたまま、明日も早めの出勤です。(和歌山市、匿名、会社員、26歳)

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです