メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
タカタ破綻

リコール8年半、なお途上

民事再生法の適用を申請したことを受け、記者会見をするタカタの高田重久会長兼社長=東京都千代田区で2017年6月26日午後0時3分、西本勝撮影

 タカタ製エアバッグの異常破裂による最初のリコールは2008年11月。それから8年半余りが経過し、米国だけで11人の死者を出した欠陥エアバッグ問題は世界的な安全部品メーカーの経営破綻という形で一つの区切りを迎えた。だが、リコールは途上で、今後も事故の懸念はくすぶる。リコールの早期完遂と再発防止の徹底が欠かせない。

 タカタは1933年に滋賀県彦根市で織物工場として創業した。織物技術を生かして60年からシートベルト…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文792文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです