メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 加藤登紀子さん全6番歌い

琵琶湖周航の歌音楽祭合唱コンクールで京都大ボート部OBらとマイクを持って歌う加藤登紀子さん(前列右から2人目)と、記念事業実行委員長の嘉田由紀子・前滋賀県知事(その左隣)=滋賀県高島市民会館で2017年6月25日、塚原和俊撮影

滋賀県高島市で「音楽祭合唱コンクール」

 「われは湖(うみ)の子」で始まる「琵琶湖周航の歌」誕生100周年記念の「音楽祭合唱コンクール」が25日、滋賀県高島市であり、歌を大ヒットさせた加藤登紀子さんが舞台に登場した。

     旧制第三高等学校時代から歌い継いできた京都大ボート部OBや、記念事業の実行委員長を務める嘉田由紀子前同県知事らと肩を組み、全6番を歌った。

     東大ボート部員だった加藤さんは会場入りの前、100年前のボートを復元した「フィックス艇」で約700メートルを漕(こ)ぎ切り、「昔の感覚で体を合わせられた」と意気軒高だった。【塚原和俊】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
    2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
    4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
    5. ことば 地面師

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです